Drink


 ビールはチェコとベルギーのビールを厳選。それぞれ特徴が違います。「何を飲もう?」と思い悩みながら楽しんで頂けたら。それぞれに専用のグラスが用意されていますのでそちらも楽しみの一つに。

左からピルスナー・ウルケル 、ロシュフォール6、ドゥシャス・ド・ブルゴーニュ、ヒューガルデン・ホワイト

写真にはありませんが通好みなサッポロ・ラガー通称「赤星」も。



 世界のビールの中にはキンキンに冷えたビールではなく常温に近い温度で飲むことで一番美味しさを発揮するような造りのビールも存在します。またボトルの見た目や味もシャンパンのようなビールも存在します。

「ウィスキーはアルコール度数も高いし、飲みにくそうなよくわからないお酒」と、少しハードルが高い印象があるように感じます。そんな方にまずこちらを飲んで頂きたいという思いで選びました。ブレンドは選ばずシングルモルトのスコッチ(スコットランド産のウィスキー)に絞りましたので、より味の特徴が掴みやすく楽しめるかと思います。

左からマッカラン12年、ラフロイグ10年、ボウモア12年

スコッチの中ではかなり王道の銘柄たちです。その分、はっきりとした特徴と味わいを楽しめるでしょう。
白ワイン、シャンパーニュ、ロゼも
白ワイン、シャンパーニュ、ロゼも

 ワインは産地問わず赤白合わせて常時4本ずつをセレクトし、グラスワイン単位で提供しています。高級ワインは置かずデイリーワインからちょっと良いワインまでを試しやすいお値打ち価格で。

 ワイン(じゃなくても)の当たり外れや美味しい不味いの感じ方は個人によってまるっきり違いますので、変にデータや説明に縛られずに、飲んでみたいと感じたものを飲んで頂きたいと思っています。「ラベルが可愛いから」という理由だって全然アリです。私自身、お酒のウンチクを得意気に語ってこられるような接客は苦手です。美味しいものを食べたり飲んだりするのも食事の楽しみですが、選び悩むことも食事の楽しみの一つです。「今日は何を食べようか?何を飲もうか?」がキッカケに一緒に来られた方同士で会話が弾む、こういうことも食事の楽しみだと思っています。
赤ワイン達
赤ワイン達
ハーブコーディアルは冷水や炭酸水で割って飲みます
ハーブコーディアルは冷水や炭酸水で割って飲みます
 また、今日はお酒の気分じゃない・アルコールが苦手な方など、そんなお客様にはノンアルコールのドリンクメニューを。コーラやジンジャーエールなどのジュース類や有機オーガニックのハーブコーディアル、ノンアルコールのシードル、少し珍しいフランスのリヨンで採水された天然発泡のミネラルウォーターなどもご用意しております。
イタリア製チンバリのエスプレッソマシン
イタリア製チンバリのエスプレッソマシン
 コーヒーはこだわりの深煎りコーヒー豆をエスプレッソマシンで抽出してお出ししています。食後の一杯まできちんと美味しいものを。
コーヒー豆はAPOLLO COFFEE WORKSさん
コーヒー豆はAPOLLO COFFEE WORKSさん
パスティスやハーブなどのリキュール
パスティスやハーブなどのリキュール